外資系に転職しよう!国際的な現場で働くための選択肢!


外資系に転職すると英語を使う機会が多い

外資系の企業に転職すると日本の企業とは少し異なる現場の雰囲気があります。メリットともデメリットともなるのが英語を使う機会が多いことです。現場に外国人の人もいることも稀ではなく、日本人だけのオフィスでも頻繁に海外とのやり取りをする機会があるでしょう。英語が公用語となっている現場もあるため、英語力がある人にとって活躍できる機会が与えられるのがメリットです。しかし、逆に英語が苦手な人にとってはデメリットになり、採用内定をもらえずに苦労することすらあるでしょう。

競争が激しい現場も多い

外資系の企業では実力主義、成果主義の傾向が強いのも特徴です。これも考え方によってメリットになることもあれば、デメリットになってしまうこともあります。成果を出せばキャリアや年齢を問わずに評価してもらえるので、今までどんなキャリアを築いてきた人も大きな飛躍をする機会が手に入るのがメリットです。しかし、どんなに素晴らしいキャリアを持っていても、新しい現場で結果を出せなければ不要な人材として扱われてしまうことになりかねません。

成果を上げれば良いというのがモチベーションを上げるのにもつながると捉えられる人もいるでしょう。しかし、それをプレッシャーに感じて働くのが辛くなってしまう人もいます。成果主義の考え方は合うか合わないかが人によって違うので、自分にとってメリットの方がデメリットより大きいと考えられるかを早めに判断しておきましょう。メリットが大きいと感じたら外資系に転職する魅力も大きいと考えられます。

外資 IT企業は、日本の企業よりも年収が高い傾向にあります。成果主義だけでなく、退職金制度がないことも理由の一つとなっています。