新卒採用は企業の行方を左右する重大ミッションです


上手に新卒採用を進めるには?

大企業に限らず、毎年、新卒採用をする企業は多いです。そこで、いい人材を集めるには企業側も一貫した戦略が必要になります。まず、アピールするポイントとしては、待遇面を前面に出し過ぎないことです。ある程度の福利厚生は前もって伝えるべきですが、給与等の外的要因で気を引こうとすると大体はうまくいきません。将来のビジョンを見せて企業としての想いを伝えることによって、ワクワクさせてあげることが大事です。自分もこの企業の将来に携わりたい、といかに思わせるかが重要です。

中途採用との違いは?

大きな違いは、前職の考え方に影響されていないことです。人間は、初めて触れたもの・考え方に強く影響を受けます。そのため中途採用の人材は、会社とはこうあるべき、という考え方がある程度出来上がっていて、それを次の就職先の企業の社風と比べる傾向があるからです。一方の新卒は、アルバイトの経験があるしても、会社の考え方に対しては真っ白です。就職した企業の社風を素直に受け入れてくれる可能性は高くなります。

新卒採用で気をつけたいこと

採用人数はあらかじめ範囲を決めておくことが必要です。いい人材がいたら採用したい気持ちは分かりますが、企業の財務状況を圧迫させてしまうことがあるからです。採用した何人かは入社後にすぐ辞めてしまうケースが多いので、それを見越して余裕を持って採用しようとすると人だけが増えてしまいます。ですが、新入社員はすぐ辞めてもさほど問題はありません。まだ戦力になっていないからです。必要な時に採用活動をしたらいい、という企業としての余裕が必要です。

新卒採用コンサルティングは、企業の経営者や人事担当者が採用試験の際に、優秀な人材を見極めるうえで欠かせないサービスとして定着しています。