どういったキャリアを進む!?調剤薬局の薬剤師


調剤薬局での業務で必要なこと

薬剤師は薬剤に関するさまざまな業務を行います。その中でも最も身近に感じることができるものが、調剤薬局での業務です。調剤薬局での業務は医師からの処方箋に基づいて、調剤を行います。同じ薬を調剤するとしても、年齢などで分量が異なることから、処方箋を正確に読む必要があります。また、医療機関において医師とのコミュニケーションが重要ですが、薬局においても同様で、ただ調剤した薬を渡すだけでなく、服用のポイントなどを説明するなど、薬剤師と患者がコミュニケーションを取ることも大事となっています。そのため、コミュニケーション能力も必要な要素と言えます。

どのようなキャリアアップをするか

ひとつの調剤薬局で勤務をすると、特定の調剤に偏る傾向があります。さまざまな経験を積むためには別の調剤薬局で勤務をすることです。そうすることでさまざまな薬剤の調剤を経験することができ、薬剤師としての実力を向上させることができます。一方で、ひとつの調剤薬局で継続して勤務することにもメリットがあります。まず長く経験を積むことができるので作業誤りを減らすことができます。また、実務リーダー等、調剤業務以外にもさまざまな業務を担当することができます。在庫の確認や人事に関することなど、マネジメント業務を経験することで薬剤師としてだけでなく、社会人として能力を高めることができます。薬局におけるマネジメント業務は大変と感じることもありますが、その分やりがいを感じることができます。

シニア層ともなると、なかなか仕事が見つかりにくいです。薬剤師のシニア求人は自分一人の力で探そうとしても難しいのでインターネットのシニア向け求人情報サイトを使いましょう。