工場は夜勤が華?時間帯で異なる仕事の詳細を学ぼう!


繁忙期の工場は終日稼働が普通

製品の製造や加工を行う工場は非常に忙しくなる繁忙期があります。扱う製品によって時期は違いますが、繁忙期に入ると工場は終日稼働が普通です。機械や車両を24時間操作することになるので、日中だけではなく夜間帯の仕事にも従事することになります。仕事の基本的な内容はすべての時間帯で共通していますが、安全を考慮して夜勤では屋外の仕事は少ないのが一般的です。投光器の明かりだけでは作業現場を全体をカバー出来ないので、思わぬ所で事故が発生するおそれがあります。また、車両の操作についても夜間は視界が狭くなることから、夜勤では製品の輸送など一部を除いて行わないのが普通です。工場によっては騒音を理由に機械を動かさないことがあるため、夜勤の仕事内容は日中よりも限られたものに留まる傾向があります。

工場の勤務時間帯と給料の関係

繁忙期の工場で行われる夜勤は日中の勤務と比べると給料が高くなります。これは22時から翌日の5時までの時間帯を法律で深夜と定義し、その時間帯での労働に対する給料には深夜割増分を追加する義務があるためです。割増分は基本額の25パーセントと決まっているので、夜勤に就く回数が多いとそれだけ給料の金額も増えることになります。また、深夜勤務が残業に該当する場合は更に残業手当の支払い義務が生じるので給料の金額は更に増えます。その一方で同じ労働内容でも勤務する時間帯で給料の金額に大きな差が生じるのは不公平であることから、殆どの工場では勤務時間は一定の期間ごとに交代する制度を取り入れています。そのため、同じ労働内容であれば給料の違いはわずかに留まるのが普通です。

イカイアウトソーシングはこちら