マンスリーマンションは初めての1人暮らしに最適!


1人暮らしは何かと大変

初めての1人暮らしは、何かと不安なものです。

家族と離れて独りで生活することそのものの不安はもちろんですが、最初の心理的ハードルとなるのは入居時の手続きです。賃貸住宅に入居する際は、保証人を立てたり、身分証明書や収入証明書をそろえたりと、いろいろ手間がかかります。さらに、引越しの荷物をまとめたり家具等を購入する手間もあります。

そんな中、手軽に1人暮らしが始められる物件として注目を集めているのが、マンスリーマンションです。マンスリーマンションは、ホテルと賃貸住宅の中間のような性質を持ったマンションです。

ホテル感覚で入居できる

マンスリーマンションの大きな特徴は3つあります。

1つめは、入居時の手続きが簡単なことです。通常の賃貸物件に比べると入居審査はそれほど厳しくなく、大半の物件では保証人も必要ありません。入居の申込み自体もインターネット経由で、ホテルを予約するのとそれほど変わらない感覚で手続きができます。

2つめは、生活に必要な家具や家電があらかじめ部屋にそろっているという点です。引越しの荷物を減らせるばかりでなく、洗濯機や冷蔵庫など、実家から持ってこれないものも新たに買い揃える必要がないのでとても経済的です。

必要なだけ利用できて費用も合理的

マンスリーマンションの3つめの特徴は、月単位での契約が可能だという点です。

通常の賃貸物件では、2年契約が標準となっています。入居後に途中解約することは可能ですが、その場合は入居時に支払った礼金などは戻って来ません。

これに対してマンスリーマンションでは、必要な期間だけ利用できるため非常に合理的かつ経済的です。そのため、通常の生活拠点としてはもちろん、単身赴任中の仮住まいなどにも適しています。

マンスリーマンションは月単位で借りれるマンションで、店舗で契約をすれば鍵がもらえて直ぐに利用可能です。